categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category

京都競馬第2週は個人的神レースが2連チャン!のその2・秋華賞

trackback0  comment0
では日曜のお話を。

土曜競馬のあまりの神っぷりに満足したのか、当初の予定は家でTV観戦でした。ま、それ以前に夜に写真編集したり密かに深夜27時過ぎから毎日放送でなのはさんを再放送してたのをついカッとなって見てしまったりwで、起きたのが午後でした
でも「あー、これで上位の何頭かが「素質馬だから大事を取って年内引退」とか言い出したら2度と見れないかもしれないんだな」って考え始めたら自然と出陣の準備を始めてましたヨ、14時半過ぎに(ぇ。

そんなこんなで結局15時前にバイクをすっ飛ばして淀に向かいました

てことで馬の写真なのですが、パドックへは騎乗合図がかかった頃の到着だったため、半分ぐらいの馬しか撮れていませんorzまぁ仕方ないんですが。。。だから状態の良さとかについては触れないでおきます。。。

では出走メンバー(但し一部分だけ)紹介~~

ダイアナバローズ。紫苑S勝ち馬。
秋華ダイアナ

ブロードストリート。ローズS勝ち馬。
秋華ブロード

ワンカラット
秋華1から

モルガナイト
秋華モル

ラインドリーム
秋華ライン

アイアムカミノマゴ
秋華神孫

ホクトグレイン
秋華ホクト

ジェルミナル
秋華ジェル

今回の先導はいつもの和装じゃなくてエリザベス女王杯の時みたいな洋装でした。先導馬は菊花賞2着でおなじみ?マイネルデスポットです
秋華先導

購入した馬券です。昨日のうちに買っておいた単プラス当日分としてレッドディザイア流しの馬単を色々と。ちょっと買い目多すぎですが。。。
秋華馬券

結局その後本場場入場でも写真を撮り損ね・・・というかなんかバタバタしてるうちにさっさとスタート。みんな手拍子してるんですが恐らく自分だけ?写真を構えてるって事もあり重低音ストンピングもうなんか何処に行ってもプヲタの一端を曝け出してる様な気がしてなりません

スタート直後。
秋華スタート
レッドディザイアは思い描いてた通り中段やや前目。でもすぐ直後にブエナビスタが。。。道中はコレで器用にイン抜けされたら突き抜けられるな~って冷や冷やモノでしたが、4コーナー付近でなんだかゴタゴタに巻き込まれたような感じに見えました。結局コレが審議対象になったわけですが・・・。

で、ラスト100m。
秋華ラスト
連射にしたら画像が粗くなるのに最近気付き、走ってる最中も一発撮りしてるんですが、今回は残念なことに半分前の人の頭なんですよorz おかげでこんなショボイ編集です

最後の攻防はホントに見応えがありました。G1でハナ差決着をライヴで見たのは恐らく初めてじゃないかな。と。スリットカメラでゴール板が大写しになったときの歓声は凄かったです。そのうちの一人でもあるんですが

結局レッドを最後に捕えかけた2冠馬ブエナビスタが2着から3着になってしまい、ちょっと後味に関してはミソがついてしまいましたが、勝ったのはmy本命でもあったレッドディザイア
秋華ウイナー

ミッキー松永厩舎、みごと初のG1制覇です。現役時代に第1回を制した秋華賞が調教師として初めてのG1タイトルってなんだか運命的というか、いつになっても牝馬のミッキーは不変なんだなーって感じました。

ではでは見事世代最強牝馬ブエナビスタから1冠を奪取したレッドディザイアコレクション、どーぞ。

秋華レッド1

秋華レッド2

秋華レッド3

秋華レッド4

秋華レッド5

秋華レッド6

ローズS以来見ましたが、見るからにスッキリというかメイチに仕上げてきたってのが伝わってきます。顔は見るからにマンカフェの子って感じ。利口というか頭が良さそうな雰囲気です。
最後に大きいサイズの写真をおまけにつけておきます。欲しい方はサルベージしていってね!!!

アップ800X600
ディザイアうp800

アップ1280X960
ディザイアうp1280

全身800X600
ディザイア800

全身1280X960
ディザイア1280

次は牡馬の3冠最終戦、菊花賞です。普通に実績重視で買うのか血統で穴を狙うのか迷うところですが、去年は単勝は獲れたけど迷いに迷って3連単(50万ぐらい)を取り損ねたので、ナイス着眼点な穴予想したいです。
スポンサーサイト

〔Tag〕馬写真 秋華賞 レッドディザイア

 









        
 
http://phalaenon4819.blog90.fc2.com/tb.php/167-a52f4519
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。